令和3年度「浸水住宅復旧のための講習会」のご案内【熊本会場受付終了。山鹿は7月1日まで受付】

 浸水被害を受けた住宅等の適切な応急措置などを建築関係者に周知し、被災者等の速やかな暮らしの再建を図ることを目的に、発災後の令和2 年7 月に標記講習会を開催し、400 名超の受講がありました。その後、県と建築関係団体による浸水住宅の相談窓口を開設し570 件を超える相談事例が蓄積されるなか、改めて適切な応急措置などを広く周知するため、標記講習会を開催します。なお、熊本会場は、熊本テルサ3階たい樹の間に変更となりました。

◆日時・会場

会場 日時 会場名 定員 申込締切
熊本会場 令和3年7月2日(金)
14:00~16:10
ホテル熊本テルサ 3階たい樹の間
熊本市中央区水前寺公園28-51
110名 6月24日をもって満員になりました。
山鹿会場 令和3年7月3日(土)  
9:50~12:00
山鹿市民交流センター
山鹿市山鹿987-3
200名 7月1日(木)

 

◆対象者 一般の方、県内の建築関係者・市町村行政職員・社協職員など

◆講習会次第(予定)
① 主催者挨拶
② 7 月豪雨災害の経験を踏まえた浸水住宅の応急処置の注意点
 講師:風組関東 小林直樹氏
③ 被災地向け住宅プランの取組み、浸水住宅の相談事例の紹介
 説明:熊本県建築士会人吉支部
④ その他(熊本県からのお知らせなど)

◆受講料 無料 

◆申込方法 申込フォームから(先着順)
※熊本会場の受付は終了しました。山鹿会場には、席に余裕があります。
※開催日変更前にお申込みいただいた方は、再度お申込みをいただく必要はありません。
 

◆主催 熊本県、(一財)熊本県建築住宅センター

◆主催 熊本県、(一財)熊本県建築住宅センター、(公社)熊本県建築士会
(一社)熊本県建築士事務所協会

◆備考 本講習会はCPD対象です。

(講師紹介) 風組関東 代表 小林直樹氏
 数多くの浸水被災地で、浸水住宅で応急処置を支援する技
術ボランティアに当たり、全国 災害ボランティア支援団体
ネットワークの技術系専門委員も務める。水害対応冊子「水
害にあったときに」~浸水被害からの生活再建の手引き~の
作成に関わる。水害にあった家屋の片付け講習会などを各地
で実施。令和2年7月豪雨災害でもボランティアとして活動。

 

  講習会のご案内