令和2年7月豪雨住まい関連情報

この度の豪雨災害に関し、熊本県及び県内建築関係団体が取り組む住まいの再建に関する情報をまとめたものです。
なお、熊本県のHP(令和2年7月豪雨 被災者支援)にも同様の情報が掲載されています。

浸水した住宅の片づけ・掃除をしたい方

1 浸水住宅復旧に関するパンフレット等

「水害後の対応」・「応急処置」・「安心な再建のために」

※平成30年西日本豪雨からの教訓「水害に備えて~水害前から水害後の応急処置・復旧まで~」(倉敷市・(一社)岡山県建築士会倉敷支部編)より抜粋)したものです。
なお、「町家・古民家保全マニュアル『水害に備えて』」は、倉敷市のHPでダウンロードできます。

① 水害後の対応
② 応急処置
③ 安心な再建のために
④ 水害住宅Q&A
「水害にあったっときに」

「水害にあったときに」~浸水被害からの生活再建の手引き~【Web公開版(2019年10月)】(震災がつなぐ全国ネットワーク)
「水害にあったときに」(パンフレット)は、熊本県建築住宅センター(096-385-0771)で配布しています。

2 浸水住宅復旧のためのDVD講習【CPD単位認定研修】

(一財)熊本県建築住宅センターでは、熊本県等との共催により7月16日と7月17日に開催し多くの参加者から高い評価を受けた、「浸水住宅復旧のための講習会」を録画編集したDVDによる講習会を開催。(別添チラシ参照icon-word)

講演内容

1 応急処置(泥出し、消毒、乾燥、カビ取りという一連の手順)の注意点
風組関東 代表 小林 直樹 氏
2 「浸水住宅の再生術11か条」より㈱日経 BP 記者 荒川 尚美 氏
3 「被災建造物の修復と課題」~台風19号災害8ヶ月の被災地から~
住まい空間研究所主宰、建物修復支援ネットワーク代表 長谷川 順一 氏
4 住宅金融支援機構からのお知らせ

随時開催 

5名以上の参加があれば、随時、熊本県建築住宅センター会議室で開催。

出張開催 

15名以上の参加があれば、出張開催します(県内に限る。)。
※ 随時開催・出張開催の開催日時については、申込者との協議により決定しますが、原則として、建築住宅センターの営業時間内での開催とさせていただきます。

YouTubeによる視聴(CPD単位認定研修とはなりません。)

 (一財)熊本県建築住宅センターのYouTubeチャンネル「建築住宅センタ―ちゃんねる」で講演内容1~3の動画が視聴できますので、ご活用ください。

◎問合せ先  (一財)熊本県建築住宅センター 096-385-0771(平日9:00~17:00)

3 浸水住宅復旧ための講習会動画(YouTube)

熊本県等との共催により7月16日と7月17日に開催し多くの参加者から高い評価を受けた、「浸水住宅復旧のための講習会」のうち、7月16日の講演の模様を記録した動画を、建築住宅センターちゃんねるでご覧いただけます。
1 応急処置(泥出し、消毒、乾燥、カビ取りという一連の手順)の注意点
風組関東 代表 小林 直樹 氏
2 「浸水住宅の再生術11か条」より㈱日経 BP 記者 荒川 尚美 氏
3 「被災建造物の修復と課題」~台風19号災害8ヶ月の被災地から~
住まい空間研究所主宰、建物修復支援ネットワーク代表 長谷川 順一 氏
※長谷川様の講演に関連して、「シェルター・イン・ハウス」についてはこちらへ

4 浸水した家屋の片づけと掃除のしかた

NHKの「災害列島 命を守る情報サイト」に、風組関東の方々が出演した「浸水した家屋の片づけと掃除のしかた」が掲載されました。8分弱の番組ですが、本講習の要点をまとめた内容となっています。